私たちが取り組んでいるダンスも歴史の上に成り立っています。 なので、歴史を知るといった座学は、 ダンスに取り組む上で大事なことだと思っています。

ストリートダンスの歴史や種類について少しだけ紹介します。

ストリートダンスは、Hip Hopの流れをくんでいます。 Hip Hopとは音楽のジャンルだと思われていますが、 Rap、DJ、Graffiti、Danceの4つから成り立つ文化の総称です。

ここで言われるDanceをさらに詳しく分類してみると以下のようになります。

オールドスクール(Robot、Lock、Pop、Break) ミドルスクール(New Jack Swing) ニュースクール(Hip Hop[Clamp、Shake、Jerking、Tectonich、 リリカリティー] House、Beebop、Capoeira)

これらについて、解説していきましょう。

Robot

1960年代、ロスの『ロストインスペース』という番組に刺激を受けた、 黒人の子供たちが創ったもの。貧しく無秩序な現実世界からの逃避手段であったらしい。 最初はただのロボットの真似であったが、音楽に合わせる事で、 だんだんダンスになっていった。

Lock

1960年代のロス発祥。 キャンベルロック(オリジナルロッカーズのメンバー)が名付けた。 鍵をかけるように身体を止める(ロック)ことからこの名が付けられた。

Pop /Boogaloo

1960年代のロス発祥。 エレクトリックブガルーズのポッピンピート兄弟(兄ブガルーサム) 筋肉をコントロールする事によって身体を弾く(ポップ)ように見せるもの。 身体に波を走らせるように見せる(ウエーブ)等をミックスしておどるスタイル。 ちなみに、マイケルのダンスも、このダンスが基本の一つになっている。

Break

1970年代にニューヨークサウスブロンクスで産まれた。 足技のフットワーク系と背中で回ったり、 アクロバティックな動きの入ったパワームーブ系に分かれている。 70年代のストリートギャング抗争が激しい時代に、 アーティストのアフリカバンバータが『争うならダンスで争え!』と提案したことから、 リズムに合わせて相手を攻撃したり威嚇したりするような動きがダンスで表現されている。

New Jack Swing

1980年代後半に産まれた。 そもそもダンスの名前ではなく、曲のジャンル名である。 本当の名前はインターナショナルステップダンス(ISD)。 リズミカルにはねる感じでおどるのが特徴。今のヒップホップの基礎となる動きが多い。 (ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ等)

House

1980年代後半に、ハウスミュージックを愛する人たちが集まって、 いろいろな人種がいろいろなダンスをニューヨークで踊ったのが始まり。 音楽そのものが身体をコントロールするのがこのダンス。 よりフリースタイルでスピリチュアルなダンスである(イージョ・ウィルソン)。 足で見せる速い動きが特徴。

BeeBop

1940年代のイギリス発祥。 ジャズ、バレエ、タップ等が混ざったダンス。 オーケストラ系の音楽でおどる事が多い。 日本で流行ったのは1991年から。Brothers In Jazzの来日により。

New School

New Jack Swing の進化系であり、 今日HipHopDanceと言われているものは、このジャンルのものが多い。

Soul

1970年代に始まった番組『Soul Train』で有名になったダンス。 もともとは、バーやパーティーなどで自由に踊られていたもの。 決まったものはなく、自由にリズムをとることで自分を表現していた。 "おどる"のではなく"揺れる"という考えもある。

ダンスの種類について歴史を絡めて解説しましたが、 興味をもたれた方は、動画サイトなどで検索してみてください。

歴史を知ると、ダンスの楽しみの幅がまた広がりますよ。