ダンスの場合で考えてみましょう。 最近はキッズダンサーが増え、大人より上手におどる子どもも多くなりました。 そんな子どもたちに、ダンスをやった事の無い先生が何を教えればいいのでしょうか?

僕は、学校の先生がダンスを教える必要はまったく無いと思っています。 というか、たぶん無理です。 オリンピック金メダリストのコーチが金メダルを取れないのと同じです。 僕は、自分よりダンスが上手いダンサーに振付けする事があります。 というか、そんな事ばっかりです。

大切なのは、ダンスを教えるのではなくヒントを与える事だと思っています。 先生が振付けをして生徒がおどるのではなく、生徒自身が振付けできるように、 先生がヒントや曲やお題を与えて、ダンスというツールを使って 生徒とコミュニケーションをとることが一番大切だと思います。 そして、それが子どもの想像力をフル回転させるのにもっとも適した授業だと思っています。

難しいダンスをおどる事より、 なぜこのダンスを作ったのか?の方が大切なのではないでしょうか? 自分の気持ちを相手に伝える為に、ある人は絵を描き、またある人は歌を唄う。

そして僕たちダンサーは、観てくれる人たちの心に響くよう、 上手ではないが「イイ」ダンスをおどる為に、日々あれこれ想像力を働かせています。